【プチ我慢で痩せる】16時間断食ダイエットの効果とやり方を説明!

『16時間断食するダイエットって何?』『どれくらいの期間で痩せる?本当に効果はある?』『具体的にどうやればいいの?』

この記事では16時間断食ダイエットについての説明とその効果、具体的なやり方について説明します。


・16時間断食ダイエットの仕組み
・16時間断食ダイエットの効果、痩せる量
・誰でも簡単にできる16時間断食ダイエットの方法

実際に半年で20kgの減量に成功した私が実体験や科学的根拠をもとに16時間ダイエットについて説明いたします!

この記事を読んで16時間断食ダイエットについて正しく理解し、早速日々の生活に取り入れてみましょう!!!

目次

16時間断食するダイエットとは?

16時間断食するダイエットとは文字通り『1日16時間何も口にしない』ダイエットのことでオートファジーという人間の身体の仕組みを利用した医学的根拠のあるダイエット法なのです。

オートファジーとは何か?

自分の栄養を利用して痩せる

オートファジーとは細胞の中にある老朽化した細胞を分解し、新しいタンパク質やエネルギー源として再利用する身体の仕組みのことです。

16時間の断食を行うと、食べ物が一定時間身体の中に取り込まれないという時間が発生し、これによってオートファジーが作用し、体の不要な細胞部分は分解されエネルギー源として再利用されます

自身の既存の栄養を利用して生命活動を維持するため、体重減少につながるといった仕組みとなっているのです

筆者も体感!16時間断食の効果

  • 1か月で5kgの減量
  • 食べるものをあまり気にしなくてもよい
  • とにかく楽に痩せれた

筆者は半年で20kgの減量に成功しているのですが、実は筆者もこの16時間断食を行っていたことがありました。

行っていた時は1か月で5kgは確実に痩せていたことを覚えています。そしてこのダイエット法の守るべき条件は一つ『1日の中で16時間何も食べない』を徹底するだけであり残りの8時間は基本的には何を食べていても問題ないので食事管理という観点でもあまり気にしなくてもよいのがいい点と感じました。

そして食べ物をあまり気にしなくていいので、とにかく楽に痩せることができた!という感覚は現在でも残っています。

ダイエットを始めようと考えている方にとっても特に用意するものはなく一番取り組みやすいという観点では非常にお勧めできるダイエットの一つです。

16時間断食ダイエットの具体的なやり方

20時~翌日12時の16時間を断食時間にする

睡眠時間も断食の時間に含めてOK!

睡眠時間を含めた16時間で断食を行いましょう。16時間という数字だけを聞くとつらいかもしれませんが

例えば20時までに食事を終え、寝る支度を行い23時に就寝、7時に起床したらあと5時間の我慢で16時間の断食を達成します。

夜~寝るまでは晩御飯を食べた直後なので空腹感はないですし、寝る時間ももちろん空腹感を覚えることはありません。

朝起きて~昼までを耐えることさえできればゴールですので比較的簡単に取り組むことができます。

断食中の16時間に食べていいもの

ナッツ、ヨーグルト、プロテインドリンクなどの低GI食品を200kcalまで

とは言いつつも朝の空腹時間が耐えられない。。。!そんな方に朗報です

実はこのルール、200kcalの低GI食品であれば16時間の断食中に食べても問題ありません!

低GI食品:GI値の低い食品で、GI値が低いほど血糖値の上昇を抑えることができる

例えば朝食にナッツとヨーグルトを混ぜて食べる、ということは200kcal以内であれば問題ございません。
さらには昼食までの間食という観点でもうまく機能し昼の爆食を抑える効果も期待できますので筆者は積極的に200kcalの摂取をお勧めします!

筆者おすすめの16時間断食スケジュール

以下に実際に筆者が減量中に行っていた16時間断食のスケジュールを紹介します!ぜひ参考にしてみてください♪

・6:00 起床

・7:30 朝食&出社(出社前ギリギリで食べることで12時までの空腹を紛らわす)
   

・12:00 昼食
   

・19:00 夕食
   

・23:00 就寝

朝に少し我慢している以外はいたって普通の生活を送っていましたがこれで1か月に5kgは痩せていました
皆さんも自分の生活に合わせて16時間の断食時間を作ってみてください♪

16時間断食のメリット・デメリット

メリット

・食べていい8時間の間の2食は気にせず食事ができる
・空腹時間は集中力が上がって仕事・勉強がはかどる

『食べてはいけない16時間』以外の8時間はいわばフリータイム。この時間にやってくる昼ご飯と晩御飯は基本的に食べたいものを食べていただいてOK!!

また起床~昼食までの空腹な時間は脳が活性化し集中力が上がります。片づけなければならない仕事や勉強をやるにはうってつけの時間帯です。

デメリット

・昼ご飯の爆食いによる午後のパフォーマンス低下

昼ご飯までの空腹がゆえに、昼ご飯につい爆食いをしてしまうと空腹だった分余計に血糖値が上昇し眠気に襲われるなどで午後のパフォーマンスが急低下する可能性も。食べすぎには十分注意しましょう。先述の通りで決して午前中に食べてはいけないわけではないので200kcal以内の間食で空腹を紛らわしつつかつ昼の爆食いも回避しましょう

16時間断食を行う上での注意点

昼の食べすぎには要注意!

デメリットにも記載しましたがこのダイエットでの鬼門は昼ご飯といかに上手に付き合えるかにかかっています。昼まで我慢したご褒美として食べすぎたくなる気持ちも十二分にわかりますが、爆食は急激な血糖値の上昇によって午後のパフォーマンスの低下、最悪の事態にはリバウンドにもつながりかねませんので、十分に注意しましょう。

まとめ

今回は16時間断食によるダイエットについてとその方法についての紹介をしました。
16時間と聞くととてもハードルが高いように見えますが実際には寝る時間も含めてOKですし、間食も制限付きではありますが食べてもOKと初心者にはとてもハードルの低いダイエット法の一つと感じています!

明日から早速16時間断食にトライして、健康的な毎日を送っていきましょう!!

~Column~1日三食が広まったのはなぜ?(諸説あり)
16時間ダイエットでは上記の通り1日2食が基本の食生活となります。ここでよく耳にするのが(実際筆者も16時間断食を友人にお勧めする際によく言われましたw)

1日3食、食べなくていいの?健康に悪くない?”

といったことです。
実は現代の日本人の大半に当てはまる食生活として1日3食の方が体には合っていないのです!(諸説あり)

この話をするために時代は江戸時代にまでさかのぼります。
実は、1日3食という文化が根付いたのはこの江戸時代からだったといわれています。
この時代は士農工商という言葉が存在していただけあって、ほとんどの人が体を動かす立ち仕事の職業だったのです。

つまりはたくさん体を動かしているため、その分消費カロリーも多く、食べる量も1日3食で問題なかった、ということなのです。

現在はどうでしょうか?
すべての人ではありませんが、少なくとも江戸時代よりはデスクワークに従事している方の方が多いのではないのでしょうか?

想像してもらった通りです。体を動かして仕事している人の食習慣を、あまり動かずカロリーを消費していない人が行っているわけですから総じて食べ過ぎる結果となることが多いわけですね。

上記の理由からも1日3食ちゃんと食べるというのはむしろ太る太らないという観点では悪影響をもたらす可能性が高いです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次